スタバの超高速かつ無料のWifiを使ってみた!|設定方法と通信速度、セキュリティ対策について

街中にあふれるWifiスポット

もしもWifiの電波が見えたら、きっと私達の視界はかなり損なわれてしまうでしょう。

確実な証拠はないし、言い過ぎな感じもするれけれど、実際に都市部(すくなくとも私の住む名古屋市)でスマートフォンのWifi機能をオンにすると大抵どこかのWifi電波がヒットする。そんな時代です。

スマートフォンによる通信回線の逼迫を回避する目的でauやsoftbankなどの携帯電話キャリアが飲食店へのWifiスポット設置をおし進めていることも一役買っていますね。

スタバで無料wifiを使う

そんな中、スタバことスターバックス・コーヒーも店舗へのWifiスポットの設置を進めています。2013年4月29日現在では850以上の店舗への設置が完了している(下記サイト参照)らしいです。

この記事ではそんなスタバのWifiスポットにつないで使うまでの設定と、その使用感をレポートしてみます。

http://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html
スターバックス店舗内でご利用できるFree Wi-Fi(SSID:at_STARBUCKS_Wi2)をご紹介するサイトです。本Wi-Fiサービスは、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営しています。

設定方法と必要なもの

スタバのWifiを使うのに必要なものは、

  • メールアドレス
  • インターネット接続環境

以上。メールアドレスを登録するだけでOKと、とても簡単に設定できるのです!では実際の登録方法をみていきましょう。登録の時だけはインターネット接続が必要なので、家でやってしまうのがいいですね。またはスマホでやってしまいましょう。

スターバックス店舗内でご利用できるFree Wi-Fi(SSID:at_STARBUCKS_Wi2)をご紹介するサイトです。本Wi-Fiサービスは、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営しています。

まずはここにアクセス。wifiスポットの説明などが紹介されている専用のHPです。

star_0

ページタイトルのat_STARBUCKS_Wi2は、Wifi電波の名前でもあるので、覚えておくといいですね。画像で赤い丸で囲ったところをクリック。

star_00

登録方法が云々、のページ。さくさく進みましょう。

star_1

ここでメールアドレスと、ログイン用のパスワードを入力します。

star_2

次に進むと確認画面が出てきます。ここで「申し込み」をクリックすると入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。

star_3

確認用のURLをクリック。

star_4

これで登録が完了です。それでは実際につないでみましょう!ここで始めて店舗へと向かいます。Wifiに対応している店舗かどうかの確認はお忘れなく!

star_5

この画面がMacのものです、ご了承ください。おそらく家でWifiを使っている方も多いと思うのでWifi電波を選ぶ方法については割愛させて頂きます。「at_STARBUCKS_Wi2」というものを選びましょう。

star_6

ログイン画面が出てきた場合はそちらにアドレスとパスワードを入力して、はい、接続完了!

速度は?

ちなみにこのWifiの電波は、従来のWifiよりも高速通信が可能な5GHz帯の電波を使っているので、かなり高速通信が可能です。試しにUSENの回線速度計測ページで測ってみました。

star_7

29Mbpsです。ちょっとイメージが沸かない人のために、ケータイの3G回線の速度と比べてみましょう。

3G回線との比較

auのiPhone5で3G回線に接続し、それをWifiでテザリングしてMacで計測しました。

star_9

ケータイの3G回線は約0.7Mbpsでした(当然この値は場所、混雑度によって変わります)。この結果から、スタバのWifiの速度はケータイの約43倍である、という事がわかります。

どうでしょう、これならイメージしていただけますか?かなり速い、というか、爆速です!笑

なかなかスタバで高速通信を求める使い方をする人もいないとは思いますけれど、少なくとも動画を見るくらいならへっちゃらですね!

セキュリティに要注意

はい、以上スタバでWifiを使うための設定方法、その通信速度について見て来ましたが、スタバの回線には1つだけ重大なデメリットがあります。それは

セキュリティ対策がゼロ

だということです。もう一度Wifi接続の画面をみてみると、

star_6

セキュリティ、の欄が「なし」になっています。大抵Wifiスポットでは通信を暗号化して安全を確保しています。スタバのWifiにはその暗号化が施されていないため、このままだと、通信を覗き見されてしまったり、パソコンにアクセスされてしまう恐れがあります。

ちなみに、auが展開しているau Wifiの接続画面を見ると、

star_11

このようにセキュリティは「WPA2 パーソナル」というものが使われています。

では、どうしたら良いのでしょう?対策が紹介されているページがあったのでリンクを貼っておきます。

Macはこちらhttp://getnews.jp/archives/277120

windows用のいい紹介ページが見つからなかったけれど、ウイルス対策ソフトを使っている人は、恐らく「フリーwifiスポットモード」のようなものがあると思うのでそのような設定にして使うのが安全だと思われます。(ただし、責任は取れないのであしからず。自己責任でお願いしますね。)

気をつけて使いましょう。

脅しみたいになってしまいましたけれど、セキュリティ対策をしたうえで、わざわざこのwifiでクレジットカードの番号を入力したりしない、重要な情報は扱わない、など注意していれば大丈夫ではないかな、と思います。そしてスタバの電波よりも安全なものがあればそちらを使うのがいいですね。実際私は今スタバでこの記事を書き上げましたが実はau Wifiの回線を使っています(笑)

それでは!

「空間」としてのカフェの存在意義|コンビニ安価コーヒーに負けない、カフェの生き残り戦略。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする