新薬 眠気、副作用ゼロのアレルギー薬の可能性|新しい脂肪代謝経路を解明

眠気ゼロのアレルギー薬の可能性

花粉やハウスダストでアレルギーがでる人は多いはず。かく言う私もアレルギー持ちです。病院にかかってもらえる薬といえば眠くなる抗ヒスタミン薬。症状はおさまっても眠くてなにもできない!っていうこともありますよね。

今日はそんな全アレルギー持ちに朗報です!なんと眠気ゼロのアレルギー薬ができちゃうかもしれないのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000059-mycomj-sci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000059-mycomj-sci

体の中で脂質に働く酵素と受容体の研究から、アレルギー発症の新しい仕組みを解明し、アレルギーの中心的役割を担う「マスト細胞」が成熟する過程において、特殊な生理活性脂質経路が働いていることを発見したと発表した

photo credit: Micah Taylor via photopin cc

photo credit: Micah Taylor via photopin cc

えっと・・・解説が専門的で難しすぎました・・・。そもそも、花粉症の症状が実際にでるまでに体の中でいろいろなプロセスがあるのは知っていましたが、このニュースを読んでもよくわかりませんでした(^^ゞ

なにはともあれ、新薬の可能性が出てきたわけですから、毎年春先に花粉のせいで憂鬱な気分になってしまっている私としては嬉しい限りです!いつかほとんど眠気の副作用が起きないアレルギー薬ができてもおかしくないですね!

なお研究グループは、現在のアレルギー治療薬として主流である抗ヒスタミン薬やマスト細胞安定化薬では、一度症状が出てしまうとその効果は十分とは言えず、眠気などの副作用があるが、今回発見された”マスト細胞の成熟を制御する脂質経路”を標的とした創薬により、新しいアレルギー治療薬や予防薬の開発につながることが期待されるとしている。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする