【名曲紹介】While my guitar gently weeps – The Beatles|ギタリスト別カバー聴き比べ

While my guitar gently weeps - The Beatles

僕はマイナー調で泣きのギターが映える曲が大好きです。今日もそんな中から超有名かつ名曲を選びました。

ビートルズのWhile my guitar gently weepsです。この曲は、タイトルからもわかるように、なんといってもギターを泣かせてなんぼの曲。僕はビートルズにそこまで精通していないので、ジョージ・ハリスンといえばこの曲、という連想までしてしまいます(^_^;)

photo credit: nailbender via photopin cc

photo credit: nailbender via photopin cc

「ジョージさん良いギター弾くじゃない〜!」と思いきや、実はこの曲のソロの部分はエリック・クラプトンが弾いています!
ジョージは自分のテイクがあまりに気に食わなかったため友達のクラプトンに頼んだそうです。笑(参考HP) ジョージはブルースは苦手なのかな?何はともあれ、クラプトンによってこの曲の良さは引き立ったわけですね。

ギターがオイシイ曲ですから、俺も弾きたい!!と、いろいろなギタリスト達がカバーしています。なかでもスティーブ・ルカサーにサンタナは僕の好きなギタリストです\(^o^)/今日は折角なのでそれぞれのギタリストの演奏を聴き比べてみましょう!

影の本家!?、エリック・クラプトンの演奏!

ジョージには申し訳ないけれど、事実上の本家、クラプトンの演奏がこちら!でしゃばり過ぎない大人なプレイって感じ。
クラプトンとポールマッカートニーとのコラボです!

TOTOのロマンティスト、スティーブ・ルカサー

スティーブ・ルカサーは持ち前のテクニックでエッジの効いた速いフレーズも織り交ぜてまくし立てつつ、泣かせるポイントをわきまえていて粘っこく歌っている感じがグッときます。聞いていて引き込まれていきます。そんな彼はきっとロマンティストでしょう。笑

カルロス・サンタナはやっぱりよく喋る


そしてカルロス・サンタナバージョンがこちら。彼のギタープレイは一言でいうと「おしゃべり」でしょう笑
彼はほんとによく喋る!笑 歌の合いの手でしゃべくり倒すプレイに注目です!こんなに弾き倒して歌を邪魔していないからすごいですね。

三者三様、あなたは誰の演奏が好き?

聴いていただくとわかるように、それぞれの個性が生きていますね。あなたは誰のが好きですか?こんなこと訪ねておいてなんですが、僕は選べません笑

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

コメント

  1. […] Guitar Link Cable を購入して付属ソフトのGuitar Rigをインストールしたのですが… Guitar Link Cable を購入して付属ソフトのGuitar Rigをインストールしたのですが音がでません。一通り調べてみて実行してみましたが、変わらず出ませんでした。どうすれば音が出るのでしょう?回答お願い致します。(続きを読む) ギターの祭典にKen、ハマ・オカモト、INORAN、FLiPら ‎2013年6月4日‎6月29、30日に東京・ベルサール渋谷ガーデンにてギターの祭典「TOKYO GUITAR SHOW 2013」が開催される。 2002年の開催から今年で12回目を迎える、ギター / ベースをフィーチャーしたイベント「TOKYO GUITAR SHOW」。会場では楽器の販売や展示に加え、アーティスト(続きを読む) 【名曲紹介】While my guitar gently weeps – The Beatles|ギタリスト別 … ギタリストなら必聴の名曲、While my guitar gently weeps – The Beatles。ギタリスト別のカバー聴き比べをしてみました!(続きを読む) […]