USB3.0で高速通信のできるI-O DATA カクうす。バックアップ用外付けHDD|MacのTime Machineにも対応

アイ・オー・データのポータブルHDD「カクうす」

kakuusu1みなさん、バックアップ、とってますか?
大事なデータは必ずパソコンの中だけではなく、外付けのHDDに保存することをおすすめします。

一箇所だけに保存しておくことは結構リスキーです。ハードディスクはいつ壊れるかわからないですからね。(幸い僕は未だハードディスククラッシュに遭遇したことがありませんが)

しかし、音楽や写真、動画など、数メガから数百メガのデータを扱うことが普通になったこの時代、「この写真もいる、この動画もいる・・・」とデータをまとめていたらかなりの容量になってしまいますよね。

ノートパソコンを主に使っている方も多いかと思いますので、わざわざHDD増設することもできないし、困った困った。。。

という時におすすめなのが、カクうす!
僕も愛用中です!

とにかく持ち運びに便利なサイズ感

カクうすのメリットはなんといってもスリムなサイズ感。片手で軽く持ち運べます。

ノートパソコンをメインで使う方で本体のHDD容量に不足を感じているという人も多いかと思いますが、僕を含めそういう方に最適なポータブル性だと思います。ちょっとしたケースに入れて持ち運べば、HDD容量で不安になることはなくなるでしょう。

僕の場合は100均で売っている、クッション性のあるケースに入れています。

通信速度はデータ大容量化においてボトルネックになる

kakuusu2

裏面はラバーになっていてすべりにくい

実力もしっかり兼ね備えており、外付けHDDで1TB(1000GB)の大容量かつ、USB3.0に対応した高速通信ができます。

冒頭での例のように、動画や高解像度の写真など一つのデータのサイズがどんどん大きくなるなか、USB3.0に対応しているというところもポイントです。

取り扱うデータの容量が日に日に大きくなる中で、従来までのUSB2.0の機器を使う場合、データ通信の速度が追いつかず、一つのデータを転送するのにかなりの時間がかかってしまうこともあります。

動画や高解像度の写真が気軽に取り扱える時代においては、その大きなデータをカメラとパソコン、ケータイとパソコンでやり取りする際の通信速度が遅いと致命的です。

カクうすはUSB3.0による通信に対応しているため、多少重たい動画ファイルであってもストレスなく取り扱うことができます。

MacのTimeMachineにも対応

また、Macのタイムマシンにも対応しており、僕の使っている128GBのmacbook airなんかはまるっと全部バックアップすることもできちゃいます。

僕の場合、約250GBをmacのフォーマットに設定してTime Machineのバックアップにあて、残りの容量をWindowsとMacのデータ受け渡しができるような形式でフォーマットして使っています。

その他にもテレビにつないで番組を録画することもできるみたいですね。使い方は人それぞれですが、もしもバックアップを日常的に取っていないという人がいたら、カクうす、おすすめです!参考に、Youtubeでカクうすの転送速度をレビューしている方の動画を貼っておきますね!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする