期日前投票してきました。手続きは簡単!

期日前投票しました

21日の参院選、当日は投票にいけないため、期日前投票の制度を使って今日投票を終えて来ました!
期日前投票は文字通り、選挙の投票日よりも前に投票することができる制度です。投票日に投票所に都合よくいけるわけではないため、この制度は大いに助かりますよね。その期日前投票の割合が、中間報告ではありますが増加しているようです。
参院選の期日前投票11.9%増 中間集計、前回比  :日本経済新聞

手続きは簡単!

期日前投票の手続きは驚くほど簡単でした。届いたハガキを手に市町村の役所へ行き、「宣誓書」というものを書きます。これは、投票日当日に投票することができない理由を書くものです。どんな理由でも問い詰められたりはしませんので安心して書いてもらえばいいと思います。普通の投票と違うのはこの「宣誓書」の存在だけで、あとの流れは通常のものと同じです。

しっかり投票しましょう

photo credit: Vox Efx via photopin cc

photo credit: Vox Efx via photopin cc

今回は僕も期日前投票を利用しましたが、投票日になにかしらの予定があって投票することができない人は、投票自体を諦めるのではなく、前もって期日前投票のしくみで一票を投じましょう。

自分が投票した候補者、政党は僕らの民意で政治を行います。したがって、投票する僕らはその候補者を選んだ責任が生じます。これはよくも悪くも、ですね。「政治不信だ」、といって投票せずに不満ばかりをいうのは無責任で筋が通りませんから、折角与えられた権利、責任を持って行使しようではありませんか。

それでは!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする