Twitterのデータでマーケティング|NTTデータと日本オラクルが連携

つぶやきを分析してマーケティングする時代

いまや多くの人に浸透したSNSのTwitterを分析することでマーケティングに活用する動きがあるみたいです。

日本語のTwitterのデータを独占的に再販できるNTTデータは、日本オラクルと提携して、企業内の販売データとTwitterのデータを直結させた分析ができるようにするようです。

NTTデータとオラクル、ツイッター分析で提携 : 日本経済新聞

つぶやきを拾ってホンネのマーケティングへ

Twitterのデータを利用できることのメリットは、Twitterが「つぶやき」であることだと思います。形式ばったアンケートではなく、日頃の細かな心の動きを投稿するタイプのメディアですから、消費者のホンネの部分を分析することができるのではないでしょうか。実際にどれくらい有効なのか、という問題はおいておくとして、分析の手法が一つ増えるのは歓迎すべきことだと思います。

今後はこのようなソーシャルメディアを活用したマーケティングが増えていくのでしょうね!

20130825-055908.jpg

スポンサーリンク







シェアする

フォローする