WordPressを高速化したい!ロリポップのサーバーをいじってみた|APC(Alternative PHP Cache)を有効化

格安レンタルサーバー「ロリポップ」の弱点

このブログは格安レンタルサーバーロリポップを借りて運営していますが、ググっていると「ロリポは遅い」「引っ越したら速度が爆速になった」という意見が散見されるように、その速度が弱点のようです。ページの表示速度はいまやGoogle検索の順位にも影響するほどの重要な指標なので、これを放置しておくことは苦しい!

Google Analyticsによると、このブログの平均読み込み速度は約11秒とかなりのろのろ。

ですが低価格が売りでもあるため、他のサーバーに移るのもちょっと気が引ける。。。

というわけでロリポップでサーバーを借りつつ今できる限りのことをしよう!と思い立って調べていくと、このような記事に出会いました。
共用サーバで手軽に導入できる、管理が楽なWordPressの高速化 | Oxy notes

APC(Alternative PHP Cache)を有効化

さて、この記事では、ロリポップのサーバー側のAPC(Alternative PHP Cache)を有効化することにより高速化が図れるということです。が、いったいAPCってなんなんでしょう。

と思って調べた結果、これはPHPをキャッシュするものだと判明。PHPはこの記事のページのHTMLを作り出すプログラムで、APCは一度つかったPHPプログラムをキャッシュしておけるため、二度目以降の表示が早くなるんだとか!

というわけで早速APCを有効化してみました!

ロイポップの設定画面にログインし、PHPの設定のページへ移動します。

wp_apc01

「設定変更」をクリックすると、下の画面が現れます。うーん、ほとんどちんぷんかんぷん!笑

wp_apc02

そのなかからお目当てのAPCの設定欄をみつけだし、「0」から「1」へと変更すると、有効化が完了です。

wp_apc03

効果の程は。。。!?

さて、これで設定は完了したのですが、効果はいかがなものでしょうか。

体感的にはよくわかりません!笑

が、Google Analyticsの数字がある程度集まったら報告したいと思います。他にも高速化を試みるのでAPCの貢献度を正確に測ることはできないとは思いますが(^_^;)

うーん、少なくとも特効薬としては使えないのかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする