バニラエア(Vanilla Air)が12月20日から運行開始|リゾート線を狙う!

ANA傘下となったLCCバニラエア

経営不振によりエアアジアジャパンがANAの完全子会社となり、ブランド名も新たに「バニラエア」として生まれ変わることに。2013年12月20日に成田を拠点として沖縄、札幌、台北、ソウルの4都市から就航するようです。運賃は5500円からと、LCCならではの低価格です。
【公式】バニラエア – Vanilla Air|成田を拠点とする新しい航空会社(LCC)

札幌5500円、沖縄7500円、ソウル8000円

さて、具体的な運賃が発表されました。成田発で、札幌まで5500円から、沖縄までは片道7500円から、ソウルは同8000円から、台北までは同1万円からとなりました。典型的なLCC価格ですね。他社LCCと比較しても遜色はないように感じます。

ターゲットは関東の30、40代の4人家族

photo credit: betta design via photopin cc

photo credit: betta design via photopin cc

バニラエアが顧客として考えているのは成田空港周辺に住む30から40代の4人家族という事で、今まで失敗続きだった国外リゾートへの就航、集客を狙っているようです。

海外旅行があたり前になった現在ですが、リゾート客を獲得することができれば日本のLCCもさらに発展していくのではないか、と思います。

節約志向がしみ込んだ日本人をその気にさせてリゾートまで誘うことができるかどうかが、LCC側の会社としての未来も、そして利用者側が気軽に安価に旅行に行ける利便性も左右することでしょう。

僕の居住地から一番近い空港といえば中部国際空港なのですが、残念ながらバニラエアは就航しないようです。現在就航しているジェットスターも、正直就航便が少なくあまり便利とはいえないので、近い将来中部地区でも便利なLCCが現れる事を願っています。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする