上下どちらでも挿せる(Lightningコネクタみたいな)USBコネクタ「Type-C」が開発中

LightningコネクタみたいなUSBコネクタ

photo credit: IceBone via photopin cc

photo credit: IceBone via photopin cc

USBコネクタって、接続するときに50%の確率で失敗しますよね。接続する向きが決まっているから。

「なあに、USBメモリの表裏を覚えていればそんなの回避できるじゃないか」とオス側の向きの記憶で対処しようとしても、メス側の向きがパソコンや機器ごとにてんでバラバラ。

直感的にUSBのマークが印刷してあるからそちらが上かと思いきや逆なことも。。。
というわけで、細かいことではありますが「ちょっと面倒」なUSBに、上下どちらでもさせるコネクタが登場するみたいです!

向きに関係なく挿せるUSBコネクタの新規格「Type-C」はUSB 3.1をサポートし小型化 – GIGAZINE

新コネクタ、その名も「Type-C」

まるでAppleのLightningコネクタに追随するかのように開発が進んでいるUSBのリバーシブルコネクタは、その名も「Type-C」。その完成イメージはまだ公開はされていないようです。

サイズは従来のものに比べて薄く小型化する予定で、MicroUSBなどの現行規格よりさらにスリムなデバイスへの搭載も可能になり、USB 3.1のスペックに準ずるため、従来のUSB充電器などの製品もそのまま使用できるとみられています。イメージ画像などは今のところ発表されていません。

予定では2014年の中頃には世に出ることになっていますが、それまで待てない!というものぐさな方にはこんな製品もあるようなので参考までに紹介しておきます。

バッファローの「どっちもUSB」というものです。

こちらがどっちでも挿せるUSBフラッシュメモリー。

そしてこちらがどっちでも挿さるUSBハブです。

USBコネクタを挿すときにイライラしてしまう人は一度導入してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする