NHK会長の発言が一文単位でやり玉に挙がっていることについて

たまたま見ていたNHK会長の記者会見

photo credit: Théo La Photo via photopin cc

photo credit: Théo La Photo via photopin cc

なんだか、にわかに問題視されているらしいNHKの新会長の発言。僕はたまたま会見の映像を見ました。

そのときに感じたことと、後にメディアによって報じられた内容のニュアンスがあまりにもかけ離れているように感じました。

ちなみにニュースは、

NHKの籾井勝人会長は25日の就任記者会見で、旧日本軍の従軍慰安婦問題について、「日本だけがやってたようなことを言われる。戦争しているどこの国にもあった」と述べた。籾井会長は独、仏などの国名を挙げた上で「欧州はどこだってあったでしょう」と発言した。
さらに、個人的見解であるとして「韓国が、日本だけが強制連行したみたいなことを言ってるから話がややこしい。(補償問題などは)日韓条約で解決している。それをなぜ蒸し返されるのか」と指摘した。

このように極めてデリケートな部分に触れています。ちなみに韓国紙はもっと極端にとらえて、

「公正、不偏不党であるべき日本の公共放送会長さえ、歴史的真実をゆがめ、でたらめな主張を行ったことは嘆かわしい」  「歴史認識も品格もなく、事実確認もまともにされていない妄言」韓国外務省「でたらめな主張、嘆かわしい」=各紙、NHK会長発言を批判

とまで報じています。

事実と真実

このブログで会長やメディア、どちらかを非難するつもりはありません。

けれど、この件をニュースで初めて知って、新しいNHK会長に対してマイナスの感情を抱いた人がいるとしたら、とりあえず記者会見のすべてを見ていただきたいです。

実際の会見を見た後にニュースを読んで、僕は少なくとも「発言は事実ではあるけれど、真実ではない」という違和感を感じました。みなさんはどう思いますか?


時事ドットコム:慰安婦「戦争国ならどこにもあった」=籾井NHK会長

スポンサーリンク







シェアする

フォローする