Macで音楽の再生速度を変更できるプレーヤー|QuickTime Player 7

音楽の再生速度を変更したい!

耳コピをしていたり、外国語の音声をする時に、再生速度を変更して「もう少し遅くして聞きたい!!」ことがありますよね。しかし、Macの標準のアプリケーションでは再生速度を遅らせることができません(あったらごめんなさい)。そんなMacの最新OSであるOS X 10.9(Mavericks)で、簡単にmp3やWaveなどの音楽ファイルの再生速度を変更できる、便利なプレーヤーをご紹介します!

その名も「QuickTime Player 7」。つまり、QuickTime Player の古いバージョンです。なぜか最新のバージョン10では再生速度コントロール機能はなくなってしまっているので、このバージョンを公式サイトからダウンロードします。Appleの純正のアプリケーションですので、安心して使うことができます!ダウンロードページはこちら。

QuickTime Player 7(Mac OS X v10.6.3 またはそれ以降)
ダウンロードしてインストールできたら、立ち上げて再生してみましょう。

20140301_QuickTimePlayer00

もちろん通常の速度で再生が開始されます。

それでは、再生速度の変更をしてみましょう。

「A/Vコントロール」を使って再生速度を変更

メニューバーの「ウィンドウ」のなかにある、「A/Vコントロールを表示」を選択するか、ショートカットの「⌘K」で「A/Vコントロール」という画面を表示させます。

20140301_QuickTimePlayer02

このような画面が現れます。

20140301_QuickTimePlayer01

右下に「再生速度」という項目があり、1/2から3倍までの間で速度を調整することができます。

なお、再生速度を変えても、ピッチは変わりません。

原曲よりも高いキーとしてそのまま耳コピをしたい場合などは、画面中央付近にある「ピッチシフト」を利用すると良いと思います。

指定した範囲をリピート再生することも可能

QuickTime Player 7では、指定した範囲を繰り返し再生することも可能です。まず、下の画像のようにスケールを移動させて範囲をしています。

20140301_QuickTimePlayer03

続いて、メニューバーの「表示」の中で「選択範囲のみ再生」を選択すればよいだけ!

20140301_QuickTimePlayer04

耳コピに、語学学習に、ちょっとだけ便利な機能のご紹介でした!それでは!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする