電話もLINEもSkypeもハンズフリー会話可能!|iPhoneにも使えるBluetoothヘッドセット「Marque2 M165」

Bluetoothワイヤレスヘッドセットを買ってみた

こんにちは。今日はBluetoothワイヤレスヘッドセットのご紹介です。車を運転しながら通話することが多い方にはワイヤレスヘッドセットが必需品でしょう。

他にもランニングアプリやサイクリングアプリの音声フィードバックを聞きながら走ったりする人も多いかもしれません。最近のスマートフォンはBluetoothに対応しているものが多いため、気軽にハンズフリーの環境を整えることができます。もちろん、LINEやSkype(スカイプ)などの通話にも使用できますね。

さて、僕が購入したのはこちらです。

開封、外観レビュー

それではいつも通り、外観から、開封と進めていきましょう。

20140417_Plantronics_m165_1

箱の横っちょから本体が見えます。思ったよりもコンパクトな感じです。

20140417_Plantronics_m165_2 20140417_Plantronics_m165_3 20140417_Plantronics_m165_4

箱に対して本体はちょこんと入っています。黒いボディーにまるでiPhoneのホームボタンのようなボタンがついています。(ちなみにiPhoneと接続してこのボタンを長押しするとSiriを使えます)

20140417_Plantronics_m165_5 20140417_Plantronics_m165_6

内容物をすべて取り出したのが下の写真です。本体、説明書、車で充電するためのシガーソケット、USBケーブル、耳にかけるフックが入っています。

20140417_Plantronics_m165_7

本体をアップするとこんな感じです。

20140417_Plantronics_m165_8

左側にスイッチがついており、オンにすると緑色が見えるようになります。右側には音量のボタンがあり、段階的にボリュームをコントロールすることができます。

20140417_Plantronics_m165_9

正面にはLEDランプがついており、充電時、ペアリング時などにひかります。では、ペアリングしてみましょう!

20140417_Plantronics_m165_10

iPhone側の画面に移ります。

20140417_Plantronics_m165_11 20140417_Plantronics_m165_12 20140417_Plantronics_m165_13

フックを付けなくても耳にフィット!

ペアリングが完了したら、装着してみます。Marque2 M165は耳にかけるフックが付属しているものの、本体だけでも装着することができます。下の写真の輪のところを耳の内側(文字では説明しにくいな)に「はめ込む」感じです。

20140417_Plantronics_m165_14

もし装着したときの本体の角度が気になるのであれば、角度を変えることもできます。

20140417_Plantronics_m165_15 20140417_Plantronics_m165_16

当初、僕は耳フックを付けないと安定しないかも、と思っていました。しかし、実際には本体だけでも十分に安定して装着することができました。

さすがにランニングをするとなるとたまに落ちそうになりますけれど、それが嫌であれば耳のフックをつけることで落下のリスクを防ぐことができます。

おそらく耳の形状はひとそれぞれ少しずつ違うと思うのですけれど、Marque2 M165は少なくとも僕の耳にはフィットしました!

コンパクトながら電池は長持ち、音質もクリア

さて、装着のしやすさも大事ですけれど、電池の持ち、音質も大事。これらはコンパクトさをとれば必然的にないがしろにされがちな性能です。

しかし!Marque2 M165は違いました!電池は最大7時間!もちろんこの時間は仕様ですけれど、実際に3ヶ月ほど使ってみて、電池が切れて使えなかったことはありませんでした。連続して何時間も使うわけでもなく、たまに作業しながらハンズフリーで通話したい、という僕のような使用方法がメインであれば、電池についてはあまり神経質にならなくても良いかもしれません。

音質もさすがに音楽鑑賞にまでは向きませんけれど、十分に低音もでており、会話する分には全く有線と遜色がありません。

このたぐいのBluetoothヘッドセットはかなり安いものも出ていますけれど、僕はそれよりも一段階高いこのモデルを買って満足しています!

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする