【朗報】8月11日が「山の日」として祝日になる!|2016年から国民の祝日は年間16日に

2016年から8月11日は国民の祝日「山の日」に

photo credit: Captain Kimo via photopin cc

photo credit: Captain Kimo via photopin cc

「祝日がうまく土日と並ぶと連休となり、観光地が大いに賑わい経済効果が生まれる。」この理論を言い訳(?)にして、もっと祝日が増えたらいいのに!!と思っていた人、いませんか?僕は思ってました。

そんなあなたに朗報です。2016年から8月11日は国民の祝日「山の日」です!!正直なところ、このニュースを発見したときには「また虚構新聞か・・・海の日があるから次は山の日ね、ふっ」と鼻で笑っていましたけれど、どうやら本当らしいです笑

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」

現在、国民の祝日は年間15日。6月と8月だけは1日も祝日がありません。今回山の日が採用されることで、祝日のない月は6月のみとなります。

お盆休みにあわせて連休を取りやすい日取りにしており、山岳への旅行などによる経済効果を期待する声もある。

やはり、経済効果を狙って(建前にして)いるみたいですよ!そして、もちろん山の日の意義は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことです。

国民の祝日は祝日法で規定している。法改正は4月29日を「昭和の日」に、5月4日を「みどりの日」にそれぞれ定めた05年以来。山の日の制定で年間の祝日数は計16日に増える。

祝日法は05年以来の改正らしいです。05年は祝日の名称の変更だけですから、休みが増える、というのはかなり革新的ですね!素晴らしい!

ひとつだけ注文をつけるのであれば、成人の日や海の日のように、第○月曜日、のように指定してくれたら毎年確実に三連休になるのにな、と思います。笑

世界的にも働きすぎな日本人、空気を読み合って有給をとれない日本人ですから、祝日を増やしてその日数は必ず休暇を与える、くらいの法律ができればいいのに!

なーんて思うのは贅沢かな?いや、むしろこれを贅沢と思うのは日本人くらい?笑

8月11日は「山の日」で祝日に 16年から、改正法成立  :日本経済新聞

スポンサーリンク







シェアする

フォローする