九州旅行を終えて|旅の醍醐味は、人との出会いだ

鹿児島から帰って来ました

7/7から7/12までの5泊6日で九州を味わい尽くし、今日愛知県へ帰って来ました。ほぼ一週間九州にいたわけですから、いまだに旅行の非現実感が抜けきっていません。

本当は7/11までの四泊5日の予定だったところ、ジェットスターの飛行機が欠航になったことを受けて5泊になった、といううれしいアクシデントもありましたが、無事に帰ってくることができて良かったです。

旅の醍醐味って、なんだろうか

さて、今回は九州へいってきたのですが、北海道でも、台湾でも韓国でもヨーロッパでも、どこでもそうなのですが、みなさんは旅行の醍醐味ってなんだと思いますか?

景色をみたり、自然に触れたり、現地の美味しいものを食べたり、歴史や文化に触れること。ですよね。僕もこの旅で阿蘇山や高千穂峡、桜島といった九州の雄大な自然に触れ、本場の芋焼酎を飲み比べ、幕末の偉人達の足跡をたどりました。

しかし、これらの出会いに加えて、なによりも印象深い経験をしました。

人との出会いは旅を豊かにしてくれる

今僕がなによりも印象に残っているのは、旅先で出会った人たちのことです。温泉街を歩いている時に出会ったハワイ在住の方、温泉の脱衣所で出会った還暦を過ぎたおじいちゃん、そして、たまたま行った飲み屋で、たまたま僕らの隣に座って語り合った方は、実はとっても地位の高い方で、普段はとてもじゃないけど会えるような方ではありませんでした。

詳しい話の内容までは書けませんが、これらの出会いが今一番印象深く記憶に残っています。やはり僕らは人間ですから、自然よりも文化よりも、やはり人間との出会いが一番印象に残るようですね。そして、とても充実感をもたらしてくれます。若い僕らにいろいろと語ってくれて、勉強にもなります。

旅に出たら、人に会おう。

今までの旅も、振り返ってみると人との出会いはとても印象に残っています。自然や文化を楽しみつつも、旅先での出会いにも意識をむけながら旅行したいものですね。

さて、次はどこへいこうかな。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする