調査の結果、飲み物の購入動機は衝動買いが半分と判明

スーパーでの調査の結果、飲み物は「ついつい買っちゃう」

photo credit: Benson Kua via photopin cc

photo credit: Benson Kua via photopin cc

コカコーラの調査で面白いことが判明しました。以下、記事の引用です。

2012年6月25日から7月8日までの2週間、全国のスーパー店頭で5159人(15~69歳)の買い物客を対象に調査したところ、あらかじめ種類や銘柄、サイズなどを決めていた「完全な計画購入」だったのは全体の42%にとどまり、事前に決めていたのと違う「計画以外の商品」を購入したのが9%、もともと買う予定はなかったが店頭で急に買う気になったという「非計画購入」が49%にのぼった。
つまり、全体のほぼ半数が衝動買いだったことになる。

なんと、あらかじめ購入する銘柄を決めてスーパーにいく人は半分で、そもそも買うつもりはなかったけれどいろんな飲み物が並んでいるのを見てついうち買い物かごにポイっと入れてしまう人が半分いるということがわかったようです。

僕も自分の行動を思い返してみると、コンビニに立ち寄ってふと飲料コーナーを目にしてついつい手が伸びてしまうことが多々ありましたねー。

最近は節約の観点から楽天で一括購入した30数円のミネラルウォーター(記事へのリンク)をいつも持ち歩いているのでコンビニで衝動買いする機会も減りました。

しかし、人間って(僕だけかもしれないけれど)飲み物に対しては財布の紐の緩み方が違うよなーと思います。やはり水って人間にとってそれだけ大事なんですかね〜。みなさんは飲み物、衝動買いしていませんか?

飲料は衝動買い? 計画買い? 意外な消費行動  :日本経済新聞

スポンサーリンク







シェアする

フォローする