【検討・契約編】新生活に向けてBIGLOBE Wimax 2+を契約してみた!|自宅・ケータイ回線一本化計画

Wimax 2+で自宅回線とケータイ回線を一本化する計画

photo credit: Kouki Kuriyama via photopin cc

photo credit: Kouki Kuriyama via photopin cc

こんにちは!私ませけーは今年の春から新生活をスタートさせるにあたって、インターネット回線の契約を大幅に見直すことにしました。

結論から言うと、今までは自宅の光回線とauのLTE回線を契約していたところを、Wimax2+のモバイルルーターに一本化することで通信費を節約するというものです。

契約したのは、BIGLOBE WiMAX 2+です。詳しく数回に分けてレビューしようと思っているので、今日はWimax2+に一本化するに至った経緯と、契約までの【検討・契約編】です!

【開封・接続編】BIGLOBE Wimax2+が届いたので早速回線速度を計測してみた

一人暮らしにとって非効率的な固定光回線の定額制

最大の動機は、一人暮らしの僕にとって、自宅に固定回線(しかも光回線)を引くことのコストが馬鹿にならない、ということです。基本的に自宅に引き入れる固定回線は月々の定額制で、どれだけネット回線を使っても一定の金額が請求されます。

つまり、どれだけ使わなくても一定額支払わなければならず、家族を持っているのならともかく、一人暮らしの場合は一人当たりの通信費を看過できないのです。

このことは今思い始めたことではなく、以前から「無駄だなー」と感じていました。にも関わらず手を打てずにいたわけです。

しかし、新生活開始となれば必然的にいろいろなことを考え直す必要があるので、ようやく着手に至った、というわけです。

一人暮らしなら自宅も出先もWimaxで一本化できる?

photo credit: VinothChandar via photopin cc

photo credit: VinothChandar via photopin cc

というわけで、数ヶ月まえから水面下で検討を開始していました。そこで具体的に考えた案は、「Wimaxで自宅と出先(ケータイ)のインターネットを一本化してしまう」という案です。

Wimaxは、おそらく皆さんご存知、モバイルルーターを持ち運ぶことで外出先でインターネットを利用することのできるサービスです。

僕が考えた案は、この、本来は外出先での利用を前提のサービスを自宅でも使って

  • 自宅には一切インターネット回線を導入しない
  • ケータイのデータ通信定額制も廃止してWimaxで運用する

という案です。これが実現できれば、今まで「自宅の回線」+「ケータイの定額料金」を支払っていたところが、「Wimax」の料金だけで済む事になります。つまり、ネットインフラに支払うコストを約半額にすることができるということです。

Wimaxの無料お試しサービスを使ってみた

しかし、いきなり未知のサービスに飛び込むのは無謀なので、Wimaxのサービスを提供しているUQ Wimaxの2週間無料お試しサービスを利用し、実際にWimax運用が現実的なのかどうかを検討してみました。

その時の記事を載せておきますので詳しい事はそちらをお読みください。ちなみに二回ほど試しています。

WiMAXを無料で15日間お試しできる「Try WiMAX」URoad8000|名古屋市内での電波状況、使用感をレポート!

Wimaxを自宅の固定回線として使うのはアリ!|URoad-Homeをtry Wimaxしてみた

結果としては、「思ったよりは使えるかも?」という感覚。幸い、僕はわりと都市部に住んでいたので、2つめの記事のUroad-Homeでは自宅でも難なく動画が見られるくらいには速度もでました。(1つめのURoad8000は機器自体が古いので参考程度に思ってください)さすがにケータイキャリアの回線とは違って地下鉄には完全に対応していませんけれど、「Wimax一本化」の可能性を感じました。

舞い込んだWimax2+開始のニュース。そして契約

photo credit: JD Hancock via photopin cc

photo credit: JD Hancock via photopin cc

そんなところに、ある日「Wimax2+」なるものがスタートするらしい、というニュースが飛び込んできたのです。

なにやら従来の「Wimax」よりも遥かに高速通信が可能で、2014年春までには僕の住む名古屋圏もサービス対象になるというのです。

先ほどの「Wimax」のお試しの時点でも一本化できる可能性を感じていたので、さらに高速な「Wimax2+」がサービス開始となれば鬼に金棒ではないか!もちろんWimax2+が未対応のエリアでは、従来のWimaxを使えます。

しかも、よく見たら月に約1000円でauのLTE接続も利用できるとのこと。これが意味するところはつまり、

  • 自宅回線として使えそう
  • auの回線でカバー地域も広範囲

ということで、これはもう神が僕に「怖がらずに飛び込め」と言っているのだ、と確信し、契約に至ったでした。

ちなみに「Wimax」を取り扱っているプロバイダーは数多くあるのですけれど、なかでも大手であり、かつ、キャッシュバックなどの条件が良かったので、BIGLOBE WiMAX 2+での契約になりました。

次回以降は到着した本体の紹介と、実際に接続してみた感想をレポートします!それでは!
【開封・接続編】BIGLOBE Wimax2+が届いたので早速回線速度を計測してみた

スポンサーリンク







シェアする

フォローする