iPhoneのメール、メッセージ(SMS)が謎の送信エラーで送れない原因はいたって簡単だった

iPhoneのメッセージ(SMS)が送信できない理由

iPhoneのメッセージアプリを使ってメッセージを送っている方で、たまにメッセージの送信に失敗してしまうけれど原因がわからない、ということがありませんか?

それ、実はとっても簡単な理由かもしれません。

それは、電話番号に対してメッセージを送るSMSを使う場合、文字数に関して最大70文字という制限があるからです。

送信エラー、まずはSMSの70文字制限を疑え

SMSは相手の電話番号に対して70文字までのメッセージを送ることのできる機能で、iPhoneの場合「メッセージ」アプリを使用して送信します。

20140406-sms1

アプリを立ち上げると、お馴染みの画面ですよね。同じ相手とのメッセージのやり取りの履歴がある場合、自分の発言は緑色の吹き出しで表示されています(iMessageで送信している場合は青色になります。)

そして、テキストボックスには「SMS/MMS」とグレーの文字が表示されています。

20140406-sms4

これは、iMessageではなくて電話番号に対して(SMS)か、またはメールアドレスに対して(MMS)メッセージを送る、という事を意味しています。

電話帳に電話番号もメールアドレスも登録されている人の場合は、SMSでもMMSでも名前で表示されますから、相手から送られてきたメッセージに返信する際、自分がSMSで送信するのか、それともMMSで送信するのかが分かりにくいのです。

そして、相手がSMSで送ってきているメッセージに対して70文字より多くの文字を返信しようとしてしまうと、「謎の送信失敗」に見舞われるのです。

送信エラーに遭遇したら、まずはSMSの文字数制限を疑ってみてください。

対処法は設定で「文字数を表示」をオンにする

とはいえ、70文字数えるのなんて面倒ですよね。ですから、設定から「メッセージ」アプリの設定を開き、「文字数」をオンにしましょう。

そうすれば、SMSで送信する場合に「○○/70」という表示がされますので、送信エラーを防ぐことができます。

20140406-sms5
20140406-sms2

20140406-sms3

いかがでしたでしょうか。iPhoneのメッセージアプリで謎の送信エラーに遭遇している方は、まずはSMSの文字数制限を疑ってみることをおすすめします!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする