自民党の圧勝が日本経済に与える影響は?

ねじれ国会の解消

昨日行われた参議院選挙は自民公明の与党が参議院の過半数を超える議席を獲得する結果となり、衆議院、参議院のねじれが解消することとなりました。

これが日本経済に与える影響はどうでしょうか?

自民党のアベノミクス続行がGOとなった

株高・円安 当面続く 3カ月見通し  :日本経済新聞

photo credit: Michael Kappel via photopin cc

参議院選挙の結果的に、民意はアベノミクスを肯定、または期待していることがわかります。これにより、胸を張って現在の路線を崩すことなく景気対策を行うことができます。また、ねじれが解消したことで法案も通り易くなりましたので、法的な側面からのアプローチもしやすくなるため、基本的に日本経済にとっても良い選挙結果になったと言えるのではないでしょうか。少なくとも、この時点でアベノミクスをやめてしまうことに比べたら効果的ですね。日本経済という大きな歯車を回すためには持続的に力を加え続けなければなりません。少し力んでみてやーめた、と放かってしまってはもったいないのです。

海外投資家からの信用を保てるかがカギ?

株価の話でいうと、今後も海外の投資家に対して安心して日本株を保有できる市場の環境を維持することがカギであると思います。きっかけがあればすぐに大暴落する危険もはらんでいるのです。

今後安倍政権が繰り出す政策や法律によって明暗はわかれていくであろうと思います。

株高・円安 当面続く 3カ月見通し  :日本経済新聞

スポンサーリンク







シェアする

フォローする